2017.06.11

急にどうして!? 何年も疎遠だったのに『会おうよ』と誘ってくる男性の心理

ずっと連絡を取っていなかった同級生からいきなり連絡が来て、「今度メシでも行こうよ!」と誘われた経験のある人はいませんか?
自分自身は彼になんの気もなくても、逆に彼のことが好きだった、なんて場合であっても、「いきなりどうした?」「なんか怪しい…」と疑ってしまいますよね。
そこで今回は「何年も疎遠だったのに『会おうよ』と誘ってくる男性の心理」についてご紹介します。

1. ただ何となく会いたくなっただけ

「Facebookを見ていたら、久しぶりに高校時代の女友達を発見した。そしたら何となーく会いたくなったので誘ってみました」(21歳/大学生)

深い意味はなく、単純にふと思い出したから誘ってみたのがこのパターン。まぁ年月は経っているとはいえ、友達なのですから遊びに誘うのは不自然な話ではないですよね。彼のことがイヤじゃないのなら、あまり身構えずにとりあえず会ってみても良いかも。もしかしたらこれを機に、人間関係の輪が広がるかもしれませんよ。

2. 成長した俺を見てほしい

「大学生のとき、就職が決まらなくて就職浪人したんだよね…。でもいまはちゃんと仕事も決まって働いているから、その報告をしたいなと思って女友達に連絡したことがある」(27歳/営業)

女性の場合は悩みごとを聞いてほしいなど、自分があまりうまくいっていないときに友人を誘うことも多いはず。でも男性はプライドがあるため、仕事やプライベートが軌道に乗っていないと、久しぶりの友人を誘うことはできないんだとか。「昔と比べて俺も随分成長したよ!」というところをアピールしたいからこそ、ある突然誘ってくるのかもしれませんね。

3. ほんの少しの恋心がある

「中学生のときに好きだった子をふと思い出して、数年ぶりにデートに誘ったことがある。昔と変わらずかわいくてすごいドキドキしましたね」(28歳/メーカー勤務)

昔の友人を思い出したとしても、興味がない人にわざわざ連絡して会おうとは思いませんよね。いまでもほんの少し恋心があるからこそ、ふたりきりで食事をしたいと思うようです。こちらも彼を不快に感じていないのなら、一度会ってみるのが良さそう。思いがけず恋がはじまるかもしれませんよ。

4. ネタとして探りたい

「友達と飲んでいたら『そういえば○○っていま何してるのかな~?』って話になった。その子と会えば、次に男同士で会ったときのネタにできるかもと思い、遊びに誘いました」(22歳/大学生)

たしかにTwitterやFacebookを全くやっていないと、いまどんな生活を送っているか想像もつかないですもんね。ただの興味本位で、昔の女友達に連絡をしてくる男性もいるみたい。もしかしたら彼と会って近況報告をしたら、それを仲間にベラベラ話されてしまうかも…。彼を信用できないと感じるのであれば、ふたりきりで会うのは控えたほうが良いかもしれません。

おわりに

少なくともあなたを好意的に思っているからこそ、男性も数年ぶりに会おうと言ってくるのでしょう。もし、「いきなりふたりで会うのはちょっと…」とためらってしまうのであれば、まずは数人で再会してみるのがベストかもしれませんね。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(Yoshifumi Shimizu/カメラマン)

関連記事