花と物語が彩るクレープが代官山に登場!

代官山といえば、東京都内有数のおしゃれな町。そんな代官山に、2017年4月11日、オープンしたばかりのクレープ屋「TAJIMAJI(タジマジ)」。代官山で予約の取れないレストランとして有名な「アタ(Ata)」の掛川シェフがプロデュースする、お花屋さん併設のまったく新しいクレープリーです。

店内にはたくさんのお花が飾ってあり、新たなフォトジェニックスポットとして早くも注目を浴びています。2017年5月17日には、日本テレビの『ZIP!』でもニューオープンした話題のお店として紹介されました。

そこで今回は、さまざまなメディアで今話題沸騰中のクレープ屋、「Taji Maji」をご紹介したいと思います。

花束も販売!代官山「TAJIMAJI(タジマジ)」

お店は代官山駅から536m、徒歩では6分ほどの、渋谷橋のたもとにある代官山へ抜ける坂道の途中にあります。ちなみに同じビルの中二階、階段をのぼった先には、代官山で人気のフレンチビストロ「アタ」があります。
外観は完全にオシャレなお花屋さんです! ウッディ調に白の鮮やかな壁面、店先に並べられた色とりどりのお花とたくさんの種類の植物が目をひきます。

店内もご覧のとおりのオシャレぶり! まるで北欧の雑貨屋さんを思わせるような店内には、木箱やカゴに入れられたドライフラワーや、店内販売しているかわいい花束などが飾られており、見た目にも華やかです。お店のどこを見回しても、オシャレでフォトジェニックな空間ですね♩

注文スペースのすぐ横では、店員さんがクレープを手際よく焼いています。美しく形作られていく姿を間近で見られるのはとってもうれしいですよね。

また、クレープ以外にマカロンや焼き菓子なども販売されています。ちょっとした手土産にもぴったりですよね。店内には2席のイートインスペースがあるので、お花を見ながらクレープを食べることもできちゃいますよ。

花束とセット「クレープと花束」が人気!

クレープ+500円(税込)

クレープ+500円(税込)

人気なのが「クレープと花束」というメニュー! クレープに+500円すると、お店にある好きなお花をひとつチョイスすることができ、それをかわいくラッピングしてくれるというメニューです。

そもそも「タジ・マジ」とは、中世時代から人々に親しまれている香りのする花束の名前。結婚式で花嫁が手にするウェディングブーケの原型ともいわれ、ビクトリア時代には花言葉を使い、香りのブーケでメッセージを送りあう、という風習があったそうです。

「TAJIMAJI」では、そこからヒントを得て、花とクレープ2つの共通点を結び付けた、まったく新しいスタイルのクレープを提供しているんだそうです。

クレープの素材はすべて自家製で、見た目だけでなく、味も華やか! 生地はフレンチの技法で、隠し味を加えたこだわりのもの! 生クリームも脂肪分を調整して、コクがあるのにもたつかない工夫がしてあります。

注文してから焼き上げるクレープは、しっとりしていてモチモチ、上品な食感で食べ飽きないと評判です。フレーバーの研究にも余念がなく、クレープにのせるトッピングも毎日、併設のキッチンで手作りしているんだとか。まさに作り手のこだわり(想い)を包んだ花束と呼ぶにふさわしいクレープですね♩

インスタグラムでは「花束みたいなクレープ、クレープみたいな花束の組み合わせが素敵過ぎた」と絶賛する声も上がっています。

全11種類のクレープにはそれぞれ物語が

「TAJIMAJI」のもうひとつの隠し味は “物語” 。名付けられた花の花言葉とともに、掛川さんが紡ぎだすストーリーが、インスタグラムやフェイスブックに掲載されています。

味覚のメッセージはお店で、おいしさの続きは“物語” で、ストーリーはwebで! クレープを食べたあとの余韻が、空想の世界まで追いかけてくる仕掛けになっています。

ホワイトローズバッドミルク

750円(税込)

750円(税込)

こちらは真っ白なバラをモチーフにしたクレープ。「どこまでも濁りなく、一点の曇りもなく」をテーマに、塩ミルクとメレンゲで美しい白に仕上げています。花言葉は「恋をするには早すぎる」

シチリアの庭をイメージして作られたクレープは、「ふわふわと不思議な食感」で、「甘さと塩味のバランスが絶妙」と評判です。

プリムラピスタチオ

900円(税込)

900円(税込)

こちらはプリムラをモチーフにしたクレープ。花言葉は「あなたなしでは生きられない・青春の恋」。上にはピンクのホワイトチョコマカロンと、砂糖づけのスミレがトッピングされ、濃厚なピスタチオのソースがたっぷりとかかっています。

インスタ映えする一番人気のクレープで、そのルックスはもちろん、「柔らかいひだのようなクレープに包まれたピスタチオとホワイトチョコマカロンとスミレと生クリームの協奏が甘美」「食べたことのない組み合わせ」とお味も絶賛されています。

シンビジウムライチ

850円(税込)

850円(税込)

キラキラ輝くゼリーが印象的な「シンビジウムライチ」は、ラン科のシンビジウムをモチーフに作られています。花言葉は「華やかな恋」。その言葉の通り、とってもきらびやかで吸い込まれそうになるほどの美しさです。
実際に食べた方からは「中に入っているライチがとっても爽やか!」「甘さ控えめ」という感想が多く、甘すぎるクレープが苦手な方にもおすすめです。

コットンコーヒーショコラ

900円(税込)

コットンフラワー(綿花)をモチーフにしたクレープ、「コットン・コーヒーショコラ」。花言葉は「私を包んで・優秀」。イスタンブールの小さな庭をイメージして作られたクレープには、コーヒークリームとビスキュイショコラがトッピングされています。

バニラアイスを包んだクレープの甘みを、カカオの苦味で引きしめた「大人の味わい」がたまらないんだとか。恋もスイーツも甘いだけでは物足りないという方に、ぜひおすすめのクレープです。

トレーフルブルーベリー

900円(税込)

こちらはトレーフルをモチーフにしたクレープ。花言葉は「私を見て・幸運・復讐」

スペインの緑の庭をイメージして作られたクレープは、ジャスミンのほのかな香りの漂う、なんとも豪華なひと品。

食べた人からは、「クローバー蜂蜜の甘みと、マルカルポーネのコク、ブルーベリーの酸味が絡みあって絶品」と評判のようです。

「最高の復讐って何か知ってる?」 トレーフルが聞く。 「幸福に暮らすことよ。」 そう言って笑う。このクレープを食べて、ぜひみなさんも最高の復讐を♩

アドニス・キャラメル

800円(税込)

こちらはアドニスをモチーフにしたクレープ。花言葉は「哀しき思い出・苦い恋」

アムール川のほとりにある庭をイメージして作られたクレープには、りんご・フロランタン・キャラメルのトッピングがされています。

キャラメリーゼされたりんごが、甘さのなかにほのかな苦味を演出しています。食べた人からは「アドニスの花言葉にぴったりの味」と、納得の声が上がっています。

お店のメニューにはほかにも、「チュベローズバナナ」、「シンビジウムライチ」、「イベリスフレーズ」、「リラーシュガー」、「プルメリアオレンジ」、「デンドロビウムパイン」の全11種類ものクレープが、ラインナップされています。

いろいろ食べ比べてみたり、花言葉の意味を考えたりしながら、お好みのクレープを見つけるのも楽しそうですね♩

大切なひとに、花とクレープと物語を♩

いかがでしたか。インスタグラムなどで早くも話題沸騰中の、 「TAJIMAJI」でしか食べられない絶品フォトジェニッククレープ! 花と物語が彩るクレープの魅力を、おわかりいただけたでしょうか。

「花より団子」とは昔から伝わることわざですが、「TAJIMAJI」に行けば“花も団子も”楽しめちゃいますよ♩ 女子同士で行ってガールズトークで盛り上がるもよし、カップルで訪れてお互いに花束とクレープを送りあうもよし。自分へのご褒美に、クレープと花束を買ってみるのもいいかもしれません。

大切な誰かのために花束を、という「Taji Maji」のメッセージを、みなさんも代官山まで受け取りに行ってみませんか? 興味を持たれた方は、ぜひ一度お店まで足を運んでみてください。

店舗情報

■店舗名:TAJIMAJI(タジマジ)
■最寄駅:代官山駅
■住所:東京都渋谷区猿楽町2-5
■電話番号:03-6712-7396
■営業時間:13:00〜20:00
■定休日:水曜日
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13207831/
■公式HP:http://www.tajimaji.jp/
▼インスタ女子注目スイーツ集合♩

インスタ女子集合♩代官山「ボンドルフィボンカフェ」の新感覚ソフトで春満喫!

クレープも萌え断の時代!久留米「ルボヌール」がわがまま女子の心を満たす♩

クレープで世界一周♩高槻「ロッカアンドフレンズクレープリー」で五感に甘い刺激を